SANJIKU × Marion Vidal ストール Collection 1

32,400円(税2,400円)

商品説明

フランスのアクセサリーデザイナーMarion Vidal氏とコラボレーションした色鮮やかなストールの40cm幅タイプです。

通常のストールと異なり、ななめに仕上げられた形状が特徴的で、エレガントさをかもし出しています。

デザイナー

Marion Vidal

インテリアデザイナーとして活躍後にアクセサリーデザイナーに転向した経歴を持つ。今最も注目を集めるフランスの若手デザイナー。仏有名女優のアクセサリーを始め、多くの有名人が愛用する。

パリ市内に自社ショールーム兼ショップを持ち、老舗デパート「ボンマルシェ」他、多くの売り場を持ち、フランス国外にも取扱店舗を多く抱える。

LVやLacoste、Baccarat等有名ブランドのデザインも手掛ける。多くのメディア掲載実績や各種デザイン賞多数受賞。

商品スペック

製造国
日本(京都)
原材料
シルク100%
大きさ
40cm×200cm
カラー
Black × White/Red/Green/Blue-gray
重さ
-
作り手
近江屋株式会社
デザイン
Marion Vidal
納期
-

ストーリー

「三軸」と書くように三方向に走る糸が複雑に絡み合ってできた特殊なシルクの布地を使用しています。今から約40年ほど前、京都市のはずれにある亀岡で生まれました。

シワになりにくく、伸縮性に加え強度があるため、着物の帯として使われてきました。シルク独特の自然な光沢と複雑な模様と繊細な色の移り変わりが魅力の素材です。

歴史の古い京都には1000年以上前に誕生したといわれる「京くみひも」があります。糸を交互に交差させて組みながら紐に仕上げていくというもの。寺社の装飾や天皇家などの装身具に使われていました。実はイタリアのトーションレースの作り方とも同じです。日本の組紐と同じく組んで織りあげるイタリアの織機を見た帯職人がこの織機をヒントに組み織りの技術を応用して帯をつくりたいと思ったのが三軸のはじまりです。そして、出来上がった織機は直径5m、高さは3mにもなる巨大な円形の織機でした。

最初は6台あったこの織機も、今では京都に2台残るのみの貴重な存在。環状線上に差し込まれたボビンの数は約480本。その全てのボビンが右へ左へと交差することで生地が組み織られていきます。職人たちはピンッと張られた糸に緩みや不具合がでないよう常に見張っています。

三軸ならではの繊細な色のグラデーションや複雑な模様を作っているのは細かい穴がたくさん開いた紋紙と言われるもの。今ではデータ化されたものが主流ですが、このレトロな織機は紋紙でなければ柄を出すことができないのです。

三軸の産地、亀岡市は京都市から出て車で1時間ほど離れたところにあります。田畑と緑の気持ちいい山々に囲まれた盆地で、特に晩秋から早春にかけて深い霧が発生することでも有名です。この霧が、強いテンションをかけて組み織る三軸の布地にほどよい湿気をもたらしてくれます。なめらかなあぜ道の続く京都のはずれで、今日もガッシャガッシャとリズミカルな音が響いています。

配送・送料について

ヤマト運輸

※商品によって配送業者が異なる場合があります。ご了承ください。

支払い方法について

利用可能なクレジットカード

返品について

返品期限

商品がお手元に届きましたら、内容を十分にご点検ください。万が一、汚損・不良品・誤送等がございましたら、商品到着日より1週間以内にご連絡ください。至急お取り替え致します。
※原則として、一度ご使用になった商品の返品・交換はお受けできません。その他の返品・交換(気が変わった等)もお受けできません。

返品送料

明らかに送付以前から汚損があった商品、不良品、誤送等の場合は、弊社にて送料を負担いたします。
もし、お客様のご都合による返品の場合は、送料はお客様負担とさせていただきます。

不良品

万が一、不良品(故意または扱いによって破損した場合を除く)や誤配送などがございましたら、お手数ですが商品到着日より1週間以内に、メールまたはお電話にて伝票に記載されている「発送主」の連絡先に必ずご連絡下さい。至急商品交換などの対応を致します。

お客様のご都合、もしくは一度ご使用になった商品の返品・交換はお受け出来ません。
勝手ながら商品交換以外に賠償などは致しませんのでご了承下さい。