和の技と、DESIGNと、貴方と。

「わとな(WATONA)」とは、やまとことばで「私とあなた」という意味です。
「和の技」と「あなた」をつなぐモダンデザインの表現と追求――それが私たち「わとな」のコンセプトです。

伝統は革新の連続

伝統技術とデザイン、作り手と使い手との架け橋として。
和の心に触れながら、現代の生活に取り入れられるーー作り手の優れた感性と技術が織り成した珠玉の商品の数々をご紹介します。

モダンリビングに新たな輝きを

和の匠の技が、世界のデザイナーとの出会いによって、モダンリビングに新たな輝きを放ちます。
プロデューサー西堀のグローバルな知性と感性が軽やかに切り取った、時の重みと手のぬくもりをご堪能ください。

プロデューサー 西堀耕太郎

1974年、和歌山県新宮市生まれ。高校卒業後カナダに留学。帰国後地元市役所勤務を経て、結婚と共に老舗京和傘工房「日吉屋」の5代目を継ぐために和傘職人の道を選ぶ。

「伝統は革新の連続である」を企業理念に掲げ、伝統的和傘の継承のみならず、和傘の技術、構造を活かした新商品開発に積極的に取り組み「グローバル老舗ベンチャー」を標榜し、国内外で活動中。

国内外のデザイナー、アーティスト、建築家達とのコラボレーション商品の開発にも取り組んでおり、2008年より海外展示会に積極的に出展。和風照明「古都里-KOTORI-」シリーズを中心に海外輸出を始める。現在約15カ国に展開中。

素材にスチール+ABSを採用した可変照明「MOTO」にて国際的評価の高いiF Product Design Awardを2011年に受賞。

ブライダルデザイナーとのコラボ「Wagasaドレス」での2011パリコレ出品や、茶道家、建築家とのコラボ「傘庵」等、ジャンルを限定する事なく活動の幅を広げる。

2012年日吉屋で培った経験とネットワークを活かして、日本の伝統工芸や中小企業の海外向け商品開発や販路開拓を支援するT.C.I. Laboratory(現:株式会社TCI研究所)を設立し、代表に就任。延べ約100社以上の企業の海外展開を支援。

2015年志を同じくする日仏の企業と共同で、株式会社ブランマントを設立し、パリ市内マレ地区に、約180m²のショップ兼ショールーム「アトリエ・ブランマント(Atelier Blancs Manteaux)」をオープン。日本の優れた商品や商材のプロモーションや販売を行い、海外デザイナーとの共同商品開発等も手掛ける。

主な受賞・出展・メディア掲載

国内デザイン賞

  • グッドデザイン賞 中小企業庁長官賞(2007)
  • Japan Shop System Award (2006、2008)
  • 新日本様式100選(2007)
  • グッドデザイン賞(2010)
  • JCDプロダクト・オブ・ザ・イヤー グランプリ
  • 関西デザイン選(2010、2011) 他多数

海外デザイン賞

  • FORM#(ドイツ デザイン賞 2008)
  • iF Product design award(ドイツ デザイン賞 2011)

海外展示会出展

  • Maison & Objet(フランス・パリ)
  • Ambiente(ドイツ・フランクフルト)
  • Tendence(ドイツ・フランクフルト)
  • ICFF(アメリカ・ニューヨーク)
  • 100% Design Shanghai(中国・上海)
  • ミラノ・サローネ(イタリア・ミラノ)
  • Light+Building(ドイツ・フランクフルト)

NHK「美の壷」、「ルソンの壷」、テレビ東京「ガイアの夜明け」、日本経済新聞、日経MJ、ニューズウィーク、フォーブス他、国内外のメディア掲載多数。京都市伝統工芸連絡懇話会幹事、京都美術工芸大学非常勤講師。

日吉屋で培った商品開発・海外展開の経験を元にした中小企業向けの独自のマーケティング手法「Next Market-in」理論によるTCIメソッドを確立。現在学芸出版社より第1号著書を出版すべく誠意執筆中。

商品開発・販路開拓プロジェクト

Kyoto Contemporary Project

2012年〜京都の職人・企業10社とデザイナーとのコラボレーションによる外向け商品開発、販路開拓事業。2014年より、パリ市・京都市の共同事業として開催。現地バイヤー目線による海外アドバイザーのアドバイスを元に、パリ市のデザインインキューベーション施設アトリエ・ド・パリ所属デザイナーと京都の伝統産業企業・職人約10組のコラボレーションによる商品開発を行っており、毎年パリで開催される国際商業見本市 Maison&Objet に出展。現地拠点であるアトリエ・ブランマントでの展示会やテストマーケティングを実施し、現地での販路拡大を目指している。(主催:京都市・京都商工会議所 運営:TCI研究所)

Contemporary Japanese Design Project

2014年〜中小企業基盤整備機構Next Markei-in事業。全国の中小企業と海外バイヤー、 デザイナーとの共同商品開発・販路開拓事業。

北は青森から南は佐賀県までの中小企業を支援。フランス、ドイツ、アメリカのバイヤー、デザイナーとのコラボレーション開発を行い、国際的な商業見本市であるパリMaison&Objet、フランクフルトAmbienteに出展。

2017年はニューヨークで開催されているNY NOWに19社が出展中。 (主催:独立行政法人中小企業基盤整備機構 運営:TCI研究所)

NeoDensan

2015年〜近畿経済産業局主催のNeoDensan事業より生まれた伝統産業の海外展開プロジェクト。現在4社が、それぞれの伝統技術を活かした商品開発を行い、フランス、アメリカ市場に挑戦中(運営:TCI研究所)

KYO project

2016年〜シンガポールデザイン庁と経済産業省関東経済局との共同事業。関東の事業者とシンガポール在住のデザイナーによるコラボレーションによる共同商品開発事業。西堀はアドバイザーを務める(主催:関東経済産業局)

DENSAN(Japan Artisan Material)
プロジェクト

2016年〜和紙や、漆、陶板、織物、金属などの伝統素材を近代的な建築、インテリア分野に応用した日本独自のインテリア素材の海外展開事業。ハイエンドホテル、商業施設、飲食店等の内装材、ウォールデコレーション、アートオブジェ等を手掛ける建築家やインテリアデコレーター等を対象に伝統素材を提案。(主催:一般財団法人伝統的工芸品産業振興協会)

徳島県
「Blue2@TOKUSHIMA」プロジェクト

2016年〜徳島県の産業である2つの青(青色LED、藍染)を活かした海外展開事業。ドイツ人デザイナーとコラボレーションし、LEDと藍染の海外展開に挑戦。

「Japan Brand Shop」・「わとな」
国内ポップアップショップ事業

TCI研究所で支援・プロデュースさせて頂いた事業から生まれたデザインプロダクトを国内市場でもお買い求め頂けるようにポップアップショップ事業を展開 「Japan Brand Shop」(2016年東急百貨店渋谷本店1Fシグネチャーアべニュー出展※終了)

2017年2月22日〜3月21日の期間には、コレド室町3の3Fにて、新たに「わとな」ブランドによるポップアップを出展します。

ご紹介いただいたメディア